分野・地域を実践的情報教育協働ネットワーク クラウドコンピューティング分野

about

ごあいさつ

ph_kusumoto enPiT-Cloud 代表
大阪大学大学院情報科学研究科 教授
楠本 真二

enPiT-Cloudは、ビッグデータの分析手法、新しいビジネス分野の創出といった社会の具体的な課題に対して、クラウド技術を活用し課題解決ができる人材を育成するプログラムです。

クラウド技術の基礎知識を習得した学生を対象として、短期集中合宿(東日本 と西日本それぞれで実施予定)と分散PBLを実施します。複数人でチームを組み、アプリケーションや情報システムを実際のクラウド基盤上で実装します。さ らに、モバイル対応、負荷分散・スケーリング、大規模データ解析等を行うことで、クラウド技術本質を理解し、その導入によって可能となる問題解決方法や効果について、プロジェクトを通して実践的に体感することができます。

教育ポリシー

enPiT-Cloudでは、大学院博士前期課程(修士課程)の学生を対象として、以下の教育ポリシーに基づいて、最先端のクラウド教育を行います。

クラウド技術を理解し、必要なスキルと知識について他者と議論し、実際のクラウド環境を用いて大規模な処理や効率の良い処理(負荷分散や分散処理等)を提供するアプリケーション・情報システム開発ができる人材育成」を目指す。

教育の特徴

enPiT-Cloudでは、クラウドコンピューティング、プロジェクトマネジメント、ソフトウェア工学について教育・修得すべき内容を体系的・実践的に取り込んだ教育プログラムの構築を進めています。これには、ソフトウェア工学の分野において最新の研究を進めている連携大学、参加大学の専門家と、クラウドコンピューティング技術やプロジェクトマネジメントなど、実践的なソフトウェア開発技術を有する連携企業の力を結集して行われています。

また、情報技術を利活用して新しいものやサービスを生み出すという視点も重視されています。企業の実務家講師によるクラウドシステムの事例をビジネス面を含め紹介する講義や、クラウドシステムの利活用をする際に必須な知識として、ロジカルシンキングやクリエイティブシンキング等の演習を重視しています。

育成目標

毎年の取り組みの中で参加大学を募集し、教育ネットワークを随時拡大していきます。4年後には100名の受講者を目指しています。

実施年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
受講者数 50 70 80 100
(うち参加大学受講者数) 10 16 20 30

 実施連携大学

enPit-Cloudは、下記の連携大学が主体となり、実施される教育プログラムの集合体です。各プログラムには愛称がつけられており、enPit-Cloudの教育ポリシーを具体的な大学での教育プログラムとして実装したものになっています。

各プログラムでは、連携大学がそれぞれの地域で参加大学を募集し、教育のネットワークを形成していきます。

  • 大阪大学 (Cloud Spiral プログラム、神戸大学と協働)
  • 神戸大学 (Cloud Spiral プログラム、大阪大学と協働)
  • 東京大学 (クラウド実践道場 プログラム)
  • 東京工業大学 (Cloud Bauhaus プログラム)
  • 九州工業大学 (クラウド Q9 プログラム)

具体的なプログラムの内容は、グループのページをご覧ください。

連携大学代表

大学名 氏名 所属
大阪大学 楠本 真二 大学院情報科学研究科 教授
神戸大学 上原 邦昭 大学院システム情報学研究科 教授
東京大学 平木 敬 大学院情報理工学系研究科 教授
東京工業大学 西崎 真也 大学院情報理工学研究科 准教授
九州工業大学 乃万 司 大学院情報工学研究院 教授